人気ブログランキング | 話題のタグを見る

上対馬の家 内部造作工事

上対馬の家 内部造作工事_b0091545_15513512.jpg
上対馬の家 
外部の杉板張りが完了し、足場が解かれました。外部の杉板は、クライアントの山の杉板を使用しています。厚み18ミリと厚く、目板で押さえるディテールを取っています。(杉板目板押えは、この地域でよく見られる仕様です。)

上対馬の家 内部造作工事_b0091545_15511422.jpg
梅雨の中、ようやく、外部木製建具が入りました。
設計期間中に、対馬の建具屋を視察し、話を聞かせて頂きました。間口が広く、高さがある建具は、製作が難しいとのことでした。今回は、前田建具製作所に入って頂きました。
幅1815ミリ、高さ2250ミリの框戸。上框を桁下で合わせており、見付が160ミリ程度!気になっておりましたが、取り付けられると全く気にならないものですね!
上対馬の家 内部造作工事_b0091545_15510576.jpg
主屋と和室棟を繋ぐテラスの屋根も完了、あとは、磁器質タイルとウッドデッキで床を構成すると完成します。このテラスの桁を、金物も使わず、後施工で組むところが、すごい技術です。
上対馬の家 内部造作工事_b0091545_15512483.jpg
廊下と脱衣室の壁は、間柱表しです。
廊下側は、赤身の杉板で、脱衣室側は、調湿効果のあるモイス(アイカ)張りとなっています。暗い中、iphoneで撮影したので、ボケていますが、キレイな赤身です。
廊下側の天井高さは、2.0mと攻めています。

内部外部の敷居や鴨居加工で、大変だったと思います。引き続き、よろしくお願いいたします。






今回は、対馬で1泊でき、ゆっくりできました。
前田建具製作所と、釣りを楽しむことが出来ました!

次回は、大物釣りあげて、ブログアップしたいものです。

by kentiku-k | 2020-07-14 16:50 | 建築 | Comments(0)